ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

vq1005のピント調整など

久しぶりに、vq1005を使おうと思い、去る4月24日にいろいろいじくって見ました。
とりあえず、ピント調整。
近距離側で40cmぐらい、遠距離側で1mぐらいに調整してみました。

これが40cmぐらい
IMG_0014_20110430171820.jpg

で、これが1mぐらい
IMG_0009.jpg

ちなみに、中の電気二重層キャパシタのあたりに、
OSコンを追加すると電池のもちがよくならないかと
変な欲情が芽生え、半田づけを行ないました。

やってしまいましたorz
起動しません(涙)

OSコンとっぱらっても
起動しません(涙)

やむなく電気二重層キャパシタの電圧をしらべると、
0V。。。

導通確認すると
0Ω。。。

逝ってしまってます。。。

しょうがないので、電気二重層キャパシタごと撤去!!

起動しました。
しかも、

今迄ニッケル水素充電池を使うと満充電でも電池マークが
1個しかなかったのが、満タンではないですかっ!

その後今日まで同じ充電池を入れているのですが、
まだ使用できています。
その間あまり使ってはいなかったのですが、
今までだと、もう使えなくなっている状態でした。

たぶん電池を食っていたのは、電気二重層キャパシタだったんだと思います。
ちなみに、この電気二重層キャパシタが付いている所は
基盤のシャッターボタンスイッチの横側です。
ボタン電池のようなアレです。

だめもとで、勇気のある方はお約束の
自己責任でチャレンジしてみて下さい。
[ 2011/04/30 ] | 修理と改造 | CM(2) | TB(0)

更新せねば!

ひさしぶりに更新します。
とりあえず、ポータブルCDプレーヤーの改造が落ち着いたので
報告しておきます。

コンデンサ変更と、抵抗の変更を行ないました。
コンデンサは写真にみえている部分と裏のほうに0.1uFのフィルムコンを
追加しました。
抵抗は写真のmuse(緑色のやつ)からのびている7.5kΩを10kΩへ変更しました。



そうすることで、ノイズが低減しているように感じました。
ヘッドホンジャックからkoss plugへ直さししても、
それほどノイズが気になりません。

ヘッドホンアンプへ直につなぐと音量が大きすぎるので、
アッテネーターをかましてつなぐといい感じです。

アッテネーターは大体20~30dB位の減衰量で、T型アッテネーターを組みました。
近況はこんな感じです。

つぎの更新は未定ですが、お楽しみにおまち下さい。
[ 2011/03/31 ] | 修理と改造 | CM(0) | TB(0)

アンプ用電源ちょっと改造

長いこと気にしていたけど、やってなかった事を少しやってみましたよ。

アンプ用電源へサブスイッチを付けました。
moblog_4eede3df.jpg
このスイッチが問題のスイッチなのです。

これをどうするかと言いますと、
このあやしげなボックスへ
moblog_1884d846.jpg


moblog_f3ea3396.jpg
こうします。

するとこうなりました。
moblog_76ddfc0a.jpg
で、どうなの?

ということです。

ここで終了したら怒られそうなので、追記しますと、
今迄、この電源ボックスで、±25Vと±12Vの2種類の電源を取り出していました。
内容は交流を整流しただけの±25Vとそれを三端子レギュレーターにかけて
取り出した±12Vです。

それを、端子に出して、パワーアンプ(±25V)とプリアンプ(±12V)へ供給してました。
スイッチひとつでポンッ!という感じです。

いくつかアンプを作っていくうちに、それだと不都合が発生しました。
そうです。他のアンプへ信号を送っている間も電気を食うパワーアンプへ常に
電源を供給するのです。

その供給をカットすべく今回のスイッチを取り付けたのです。
久しぶりに電源ボックルを開けたので、ついでにOSコンを4つ追加してみました。
容量はそんなに大きくなく数uFのものです。

もうしばらくは開ける事もないだろうと考えています。
[ 2010/05/11 ] | 修理と改造 | CM(0) | TB(0)

壊れたテスターをもらってきました。

壊れたデジタルテスターをもらって来たので修理してみました。
画面表示はするけど、どのレンジも測定が出来ません。
大概こういった現象はケーブルがどこかで断線しているせいです。
分解して、アナログテスターでケーブルの導通確認してみると、
案の定断線していました。

根元付近での断線だと少し切り詰めると再び復旧しますが、
テスター棒付近だと、テスター棒を換えるか、
ほかのケーブルを使用するしかありません。
今まで使っていたデジタルテスターが不調なので、
そのテスターよりケーブルを流用する事にしました。

今まで使用していたデジタルテスターです。
moblog_4189cb1c.jpg
このテスターこれまで非常に酷使して切り替えスイッチが壊れてしまい、
抵抗の測定が出来なくなっていました。
一応何度か修理しましたが、もう基板側が擦れてだめになっています。
このテスターよりケーブルを移植しました。

移植し終わった今回のテスターです。
moblog_3ee605f5.jpg
鰐口のケーブルを移植しました。
ショート確認して、作業完了!!
無事使用できる様になりました。

このテスター反応は遅いですがコンデンサ容量測定も出来ます。
これから我が家で活躍してもらいます。

今まで使用して来たテスターは手厚く新聞に包んで
丁寧に処分させていただきます。
これまでありがとう。テスター。
君の事は忘れないようここに記しておくよ。
[ 2010/03/28 ] | 修理と改造 | CM(2) | TB(0)

アイカップ

アイカップと聞くとなんだか別のことをイメージしてしまうのは
私だけでしょうか?

南部の垣花樋川へ行ったときにアイカップを
落としてしまったみたいです。
そのままだとめがねにあたり、結構傷が付いてしまいます。
それで少し応急処置を施しました。
PAP_0018_20091116174657.jpg
傷にはテープということで、ファインダー周りに
ビニールテープを巻きました。

カメラのキタムラにアイカップを注文したのが今日届きました。
PAP_0017_20091116174658.jpg
ネットで結構検索して、安原一式にあうアイカップはこれだ!!
ということでペンタックスのアイカップFHを購入。
実売価格は1410円でした。

PAP_0016_20091116174658.jpg
以前のアイカップよりフィットしています。
いい買い物をしたと思っています。
[ 2009/11/16 ] | 修理と改造 | CM(2) | TB(0)
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム