ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ポータブルアンプを作ってみたよ。

ながいことブログの更新もせずにセコセコと
ポータブルアンプをつくっていました。

自分で回路設計なんて出来ないので、
もちろん他人の設計したものをほぼまる写しでつくってますm(__)m


うえから以前作成したchu-moy Amp、真ん中がΛコンさんの完全アンプESP、
下が同じくΛコンさんのコンパクトな設計のC-MOY型アンプ。
今回、手持ちの部品を消費する目的も兼て、エコを心掛けました!
電池も充電池、ケースも再用品もしくはそのへんに転がってたものを使用!
入出力のジャックやSWはダイソーで調達!!

IMG_0025_20110510233121.jpg
ゴミに捨てられる基盤にはりついていた3回路用の
フォトカプラをひっぺがして使いました。
FETは以前つくったアンプの余りものです。
最近一番のお気にいりのアンプです。

IMG_0032.jpg
電池を入れてスイッチオン!の状態。
実はタッパーに収めるため基板が小さくなり、
部品の配置が詰めぎみになってます。

IMG_0027.jpg
このケースはかなりお気に入りです。
多少ノイズが気になります。ほんとはOPアンプに4580DDを使うのですが、
手持ちの4558DXを使ってみました。
非常に元気がよくて、ボリューム調整しづらいです。

IMG_0029.jpg
これもとりあえず電源いれてみましたの図。
実は、電源SWとLEDはフタの中にあります。
フタの開け閉めを重視した作りにこだわりました。

次に気になるのは、電源分圧をエミッタフォロアにする奴とか、
完全アンプポータブルとかでしょうか。
いつ作るかは決ってもいないのですが、
作ってみたいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2011/05/11 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

ラインアンプようやく収めました。

ラインアンプを1年以上ほったらかしていたのですが、
ようやく箱に収めました(^^;

今回使用したのは、毎度おなじみダイソーの箱を使いました。
いつもスチール箱を使用するのですが、
今回はスライド式のボリュームということもあって、
加工のしやすい木箱にしてみました。

moblog_117ee7b5.jpg

そして詰めました。
moblog_981e3d85.jpg

フロントはこんな感じです。
moblog_043b21cf.jpg

リアです。
がんばって削りました。
moblog_c591b4ec.jpg

えっ!フタですって?
。。。(汗)(^^;

そうですね(汗)
世の中にはフタという物があるのですね(汗)
か、考えてないわけではないのですyo(汗)

ですが、今回はここまで(汗)
次回まで期待下さい。(汗)
[ 2010/06/20 ] | アンプ | CM(2) | TB(0)

なんちゃってラインアンプの抵抗への挑戦

長い事お待たせしました。
ラインアンプの抵抗をちょっとばっかしいい奴に変えたお話です。
下の写真が横向きになっているのは気にしないでください。
一応A型なのでよろしくですw
SN3E0009.jpg
ちらちら見えているピンク色の抵抗が
今回マルツパーツセンターで購入した抵抗です。
タクマンのREXです。

SN3E0010.jpg
最初何も考えずに適当にハンダ付けしていました。
全部の抵抗を取り替えた後、ネットで抵抗の評価を見ていると、
どうやらこの抵抗は極性と言うか信号の通る向きがあるらしい。。。(大汗)
あわてて確認すると、この写真の4本のうち2本だけが間違っていました(^^;
信号の向きはカラーコードの読み方と同じ方向らしいです。

SN3E0011.jpg
50kΩ程度のボリュームだと良かったのですが、
このボリューム250kΩだったので、並列に抵抗をいれて
最大値を下げています。

SN3E0012.jpg
あと、基板側では帰還抵抗を変えました。
本当はダイヤモンドバッファ側の抵抗も変えようかと考えていたのですが、
何となく変えなくても良さそうだったのでそのままにしました。

変えてみての感想ですが、音が激変したとかあまり感じませんでした。
しかし、いい物を使っているという満足感は得られていますので、
心にゆとりができた様に思います。
気が向いたらメインの完全アンプの方も抵抗を変えようかと思います。

このなんちゃってラインアンプもこれでほぼ完成形になった気がします。
オペアンプは交換とか適当にできるようソケットになっていて、
後からの楽しみも残しています。

あとは、これをきちんとしたケースに収めるだけなのですが。。。
[ 2009/12/23 ] | アンプ | CM(2) | TB(0)

ラインアンプぷらすまいなす

前回の記事でダイヤモンドバッファをぷらすしたラインアンプです。
今まで19VのACアダプタを抵抗分圧して使用していました。
この部分を安定化した±12Vの電源に繋ぎ換えてみました。
新たに電源を準備した訳ではないです。
ただフォノイコライザの電源とパラに接続しているだけです。
繋ぎ換えた際に分圧していた抵抗を撤去しました。
PAP_0021_20091127005337.jpg
2sqの太さのケーブルを繋ぎました。太いと接続しづらいです。

以前の記事でノイズが無くなったと書いたのですが、
ボリュームを上げるとノイズも出てきていました。
今回の電源の改良でノイズはほぼ消えました。
スピーカーに耳を当てるとかすかにノイズは出ているのですが、
その辺はメインアンプの出しているノイズだと思いますので、
今回は気にしない事にします。
でも、ノイズの発生源は電源部だと思いますので、
またいつか改良したいと思います。
[ 2009/11/27 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

ラインアンプぷらすα

以前に紹介したラインアンプですが、少しだけ変更、
というか回路の追加を行いました。
まず、ボリュームのつなぎを換えました。
疑似T型アッテネーターと呼ばれている方法に変更しました。
将来的に使用している抵抗を高級なものに換えようかと思います。
PAP_0020_20091122002517.jpg

クリスタルバッファを追加しました。
基本的な回路をそのまま仕様しました。
使用した部品はA1015が4個、C1815が4個、4.7kΩの抵抗が4個です。
追加する時にカップリングコンデンサが邪魔だったのでとっぱらいました。
PAP_0019_20091122002516.jpg
終段の抵抗も付けていないので動作が不安でしたが、
発振もなく動作している様なので大丈夫かと思います。
バッファ取り付ける前との比較ですが、無音時のノイズが減った気がします。
何となく音の方も締まりが良くなったような気がします。

自己満足なので、これでもいいかと思います。
で、ケースには入れないのかってことですね。
もうしばらくはそのままだと思います(汗)
[ 2009/11/22 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。