ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

200LXの修理しました。

最近LXを見てみると、私には無縁と思っていた
首折れを発見してしまいましたorz
首折れ以外に電池ボックス周りも割れてたりしたので、
出来る限り修復してみようと思いました。
バラしてみると、首折れ以外に中のスプリング周りが大破してましたorz
液晶に伸びているアースもちぎれていましたorz


スプリングのピンを止める部分もこっぱみじんになっていたので、
他に変わりになるものを探してみました。
この端子が使えそうだったので使ってみました。
PA0_0001.jpg

正式名称は絶縁被覆付閉端接続子 CE-2みたいです。
絶縁皮膜のふちを2~3mmニッパーで切り落として、
LXの筒のなかにはまるようにテープを巻きました。
PA0_0000.jpg

試着してみました。
ゆるいですが、抜けることはなさそうです。
PA0_0002.jpg

組み上げてみたところです。
やはりゆるすぎて、バコッと開いてしまうので、
気持ち程度にテーピングをしてみました。
手前は1枚ですが、テープを細くカットして奥は3枚にして
開きすぎを防止しています。
PA0_0006.jpg

首折れも修理しました。
プラリペアがいいみたいだけど、接着剤は2液混合エポキシ系の接着剤と
瞬間接着剤を使いました。購入場所はもちろんダイソーです。
強度的に心配なのでピンバイスで穴を開け、マップピンをカットしたものに
エポキシ接着剤を塗りつけ刺しました。割れている部分は瞬間接着剤で
上からなぞっただけです。
PA0_0005.jpg

この部分も割れていたので、エポキシ接着剤で接着して、固定用に上から
瞬間接着剤を塗りつけました。
右に見えている電池ボックス周りはプラスチックをなくしてしまったので、
今回は保留です。
PA0_0004.jpg

生産中止になって翌年に購入したので、およそ9年近く持ち歩いています。
さすがにいろんな所がへたってきてもしょうがないかと思いますが、
少しずつ修理して使って行きたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2009/04/22 ] | HP200LX | CM(0) | TB(0)

HP200LX手術後

HP200LXのカテゴリを作っておきながら、
今まで1つの記事しか書いていない事に気づきました(^^;

実は、最近故障していて、放置していました。
故障内容は、

1.液晶が線だけになったりする。
2.打てないキーがある。
3.ねじが効いていない。隙間から中身が見える。

この中で1と2は3からくる合併症である。
理由として隙間を押さえつけると画面の表示はきちんと写るし、
キーも打てる様になるから。

原因が分かっていてもほかの誘惑が強くて
修理できずにいました。

修理後の写真しか撮ってないのですがこのように修理しました。

F1000030.jpg
見難いですが3カ所修理しています。
一カ所だけ拡大します。

F1000031.jpg
小さなナットです。
確かサイズは2.4mmだったかと思います。
壊れた穴にナットを当ててナットの穴に半田ごての先を押し当てて、
樹脂の部分を溶かしながら接着します。
高さを出来るだけ合わす様にします。
(蓋を閉めた時に浮かない様にしないと行けません)
強度が気になる所は気持ちホットボンドも使用しています。
高さの足りない所はホットボンドのみの所もあります。
ビス穴に樹脂が埋まっている所はドリルの刃を使い
手で調整しながら削って行きます。
多分ドリルを使うとまた壊しかねません。

F1000032.jpg
ぼろぼろになったビス受けです。

修理後は、液晶の写りもキーも治りました。
バックアップ電池も入れっぱなしだったのでもう空っぽです。
夜が開けたらバックアップ電池を買ってこようと思います。

購入後約10年目になりますのでさすがにぼろぼろです。
この10年間、自分でクロックアップやメモリ32MB化したLXを
捨てる事は出来ないと思います。
これからもまったり使って行きたいと思います。
[ 2008/08/05 ] | HP200LX | CM(0) | TB(0)

HP200LXについて

小さなDOSパソコンです。
Googleで検索するといろいろわかると思うのでここでは使用などは書きません!!威張ってすみませんm(__)m
さて、このパソコンで何をするかと言いますと、青空文庫でダウンロードしたファイルをsedコマンドバッチファイルを使用して文章を整えたり、ルビの表示を消したりします。なぜ消すかと言うと漢字の次に括弧が使われてルビがふられているからです。例(たと)えばこんな感(かん)じです。
でもルビを消すと読めない漢字も出てきます。その様なときの対処法は「読み飛ばして、全体の流れを読む」です。(実際は頭悪いので、どこまで読み切れているか怪しいです:-)
それといろいろな辞書を入れていますので、辞書検索にも使用する事があります。
と、こんな感じで使用してます。
最近アンプの話題しか思いつかなかったので違う話題にしてみました。
[ 2007/12/13 ] | HP200LX | CM(2) | TB(0)
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。