ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

完全アンプの作成 その5

Rch分も作成しました

実はLch分があまりにうまくいったので何も考えずただただLchのまねをして作っていました。
やってしまいました...
とりあえず電源つないでアイドリング電流測定0.22Ωの両端の電圧を確認してみると、
20mVになってます。少なすぎます...

おかしいと思い、Lchの基盤と見比べると、FETがすべて逆についている。
早くステレオで聴きたい思いがむずむずするのを抑えて、確実に部品を外していきました。
思っていた以上に部品外しに手間取りました。
そういった苦労の末、完成したRchの0バイアスの調整をしました。
その後に、ボリューム、RCAジャックを仮付けし、早速音を出して見ました。

おおっ!!びっくりしました。
NJM386のアンプをつないだ塩ビ管スピーカーでは低音を欲張りすぎたかと思ったのですが、完全アンプにつないだアンプから出る力強く柔らかな音(勝手に感じたままの感想です。聴く人によっては、変わった印象かもしれません)すばらしいと感じました。

2、3枚CDを聴いて、トランジスタを触ってみると放熱板に取り付けているのに熱い、そこでアイドリング電流を測ってみると、両チャンネルとも536mAありました。
ちょっと多すぎかと思います。予定の電流値より80mA程度高いです。

たぶん、きちんとhfeを測定できていなかったのかもしれません。
安定させずに測定していましたのでそれが原因だと思います。

そこで逆算してhfeを出してみました。ちなみにFETのidssは安定した後の値ですので、おそらく

Lch 115.5
Rch 137.7

で間違いないと思います。
アイドリング電流を350mAに設定すると考えて、FETのidssは

Lch定電流用 6.07
Rch定電流用 5.09

がよさそうです。

このidssですとK117GRが必要です。
とりあえずこのランクを10本購入してみます。

では、部品が届くまでは現状で音楽鑑賞してみます。
電源もアンプ本体もまだ仮の状態ですけど...
スポンサーサイト
[ 2008/01/31 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

完全アンプの作成 その4

もうどうにも我慢できなくて仮に電源をつないで見ました。

そこで待機電流を確認してみると、515mAになってる。予想より50mAもオーバーしていました。
とりあえず、オフセット調整して出来るだけ0Vになるようにしました。
Rchの分も近々作成してみて同じくらいならそのままいこうと思います。




もうここまでくると音も出したくなります。
ボリュームをとりあえず付けずに確認しているので、ipodを直に繋いでもある程度鳴るだろうと見込んで音だしをして見ます。




思っていた以上に厚みのある音です。
Rchを早く作成し、ステレオで聴きたいと思います。
しかし電源をきちんと整備しなければいけないです。
[ 2008/01/28 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

完全アンプの作成 その3

Lchのみ作成してみました。
今までラグ端子板を使用したことが無かったので今回始めてチャレンジしてみました。
何回かイメージや配線を紙に書き込み、部品を取り付けたのが、下です。
今回、写真のピントがずれているのは脳内ピントでカバーしてくださいm(__)m




このように配置してみて、とりあえず半田付けまでやってみました。




横から見てみるとこのようになっています。
ジャンプしているケーブルは単線のUTPケーブルを使用しています。
裏には何も無いので写してません。
今回はここまでです。




とりあえず方チャンネルは7割程度完成です。
あと問題点が、電源がまだ出来ていない事です...
[ 2008/01/26 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

もう少しで1000カウント!!!

1000番目に遊びにきた方、記念に書き込みお願いします。
[ 2008/01/24 ] | 記念 | CM(0) | TB(0)

完全アンプの作成 その2

FETのidss測定結果

さて、どうにかこうにかidssの測定を終わらせましたので、結果発表します。

 1  9.44
 2  9.45
 3  9.39
 4  9.40
 5  7.76
 6  9.26
 7  8.35
 8  8.48
 9  10.01
10  10.02
11  8.75
12  8.84
13  8.89
14  9.54
15  9.58
16  9.69
17  9.84
18  9.90
19  10.18
20  10.64

このような結果になりました。
1番と2番をLch用の差動ペアにして
3番と4番をRch用の差動ペアにします。
5番をRchの初段定電流用にします。
6番をLchの初段定電流用にします。
あと、終段定電流用にL、R分の合計2個を適当に選びます。
この辺はΛコンさんのページのQ&Aを参考に決めてます。

なぜ5番と6番を選んだかというと、バイポーラトランジスタのhfeが114と97だったからです。
それぞれ待機電流が449mAと442mAになるように選んだのですが、いったいどうなることやら
かなり心配です。

おっと!今までどのトランジスタを使うかって書いてないですね(^^;
ここで発表したいと思います。
2SC3546/2SA1389
を使用します。
なぜこのトランジスタを使うかというと、
5年以上もがらくた置き場の中に眠っていたからです。
あとは、発振しないことを祈るだけです。

では、また何らかの進展があればその都度、発表するようにします。
[ 2008/01/24 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

完全アンプの作成 その1

とりあえず部品の測定準備だけしてます。
FETは2SK117BLを使用しています。
バイポーラのhfeを測定したら100をきってました(^^;
080119_2304~01

20個一気にチェックする予定です。
080119_2305~01

近くから見るとこんな感じです。
いつ測定するかは未定です...

ちなみに電源部分を作成しようと思っています。
080119_2303~01

前までフォノイコライザーを組み込んでいました。
それだけだとなんだかもったいないので、±25Vと±12Vが取れるようにして、
12Vのほうをフォノイコライザーで再び使用する予定です。
ちなみに上の写真の左下のほうがフォノイコライザーの部分です。
電源部分はかれこれ半年ぐらいこの状態です...
急いで仕上げねば...

課題はかなり多いのですが、今回の更新はこれで失礼します。
[ 2008/01/21 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

塩ビ管への招待4

塩ビ管をジョイントしてみました。ジョイントしているのが長さ300mmです。
奥の方に見えるのが長さ200の塩ビ管です。
080115_0020~01

この時点では、ダブルバスレフにしようと考えていました。
いろいろサイトを回って見ているうちになんだか普通にバスレフでもいいかなぁと思うようになってきて、結局こうしました。
080119_2254~01

一番下に100のVUキャップを取り付けました。
300mmのパイプに22mm位の穴をあけて電気用の塩ビ配管VEコネクタを取り付けました。
サイズはVE16です。
080119_2257~01

コネクタだけでは径が大きかったのでVE16の塩ビを追加して7cmになるようにしました。
エンクロージャ容量はVU100の300mmで2.25リットルだったのでヘッドの部分をだいたい0.25リットルとして、計算はかなり適当ですが共振周波数は56.12Hzとなりました。計算式はgoogleにて検索しました。ちょっと欲張り過ぎかもしれませんが、聴いた感じも優しく低音が鳴ってるなぁっと感じたのでしばらくはこれで聴いていこうと思います。


追記:上の写真をよく見てみるとわかると思うのですが、気持ち吸音材を入れています。
ダイソーで購入したこれです↓
080116_2244~01

これを適当にカットして入れてみました。
ユニットの裏のほうと、100のVUキャップの下のほうに入れました。
080119_2256~01

このように入れて、パイプをジョイントしただけです。
音のほうはわずかに変わったように感じます(^^;
[ 2008/01/20 ] | スピーカー | CM(0) | TB(0)

塩ビ管への招待3

更新のない日々が続いていますが、
塩ビ管スピーカーは日々、更新作業が進んでいます。
最初ダブルバスレフを目指していたのですが、現段階でノーマルなバスレフになってます。
写真での紹介をフルに出来ないのですが、何点か抜粋して次回にでも紹介できたらいいなと思っています。
[ 2008/01/18 ] | スピーカー | CM(0) | TB(0)

トランジスタアンプの部品到着しました

ここ最近仕事が忙しくて更新できてません...
しかしアンプの部品も到着して、FETの選別をしようと思っています。
20個注文したけど果たしてhfeのそろった石が何個ある事やら。
では、また報告します。
次の報告はいつになる事やら。。。
[ 2008/01/18 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

トランジスタアンプの部品注文しました。

ダイソーのスピーカーよりもいいスピーカーで音楽を聴いていると、いいアンプが欲しいなぁ。
でもアンプを買えるかって言ったらそんな予算などない(T_T)
それじゃ作りましょう。

という事で、家にあるがらくたの中のトランジスタを有効活用します。
目指すはΛコンさん完全アンプIII です。

足りない部品は注文したし、不完全アンプにならないようがんばります!!
どのトランジスタを使用するかは次回にでも紹介します。
[ 2008/01/12 ] | アンプ | CM(0) | TB(0)

塩ビ管への招待2

さて、昨日の続きです。
実は昨日の時点で木工用ボンドで板を固定していました。
080111_0210~01

今日は乾いていたので、早速ユニットを取り付けてみました。
今回はきちんとユニットとケーブルを半田付けしました。
ケーブルは単線のUTPケーブルを使用しています。
後からターミナルを取り付ける予定なので、ケーブルの長さは40cm位でカットしています。
少し皮をむいてジョイントしています。
早速音出しです。
おおっ!!前回のコーヒー缶より力強い音ではありませんか!!
ちょっと驚きました。
080112_0108~01

で、少しバスレフの気分も味わってみたいので、テーブルからはみ出してセッティングしてみました。
これだけでも音が更に力強くなったのでまたまた驚きました。
080112_0109~01

次なる目標はジョイントジョイントでダブルバスレフを作ってみたいと思います。
今回聴いたCDはこれです。ベースがかっこいいです。
[ 2008/01/12 ] | スピーカー | CM(0) | TB(0)

塩ビ管への招待1

15mm厚のベニヤ板(たぶん)を加工しました。
こんな感じになりました。
080110_1142~01

計算上、塩ビ管にぴったり入る計算でした。
見事にはまりませんでした(T_T)
1時間近くカッター、サンドペーパーと共に戦いました。
ようやくはまりました。
080111_0029~01

今日はこの辺で切り上げます。
[ 2008/01/11 ] | スピーカー | CM(0) | TB(0)

TangBandをとりあえず収めました

久しぶりの更新になります。

TangBandのW3-593SDが届いた事は報告済みなのですが若干変更点があります。
F1010002.jpg

下の写真を見てください。W3-593SDでなくW3-593SGになってます。
どうやらモデルチェンジしたみたいです。
F1010006.jpg

それはいいとして、空き缶に収めてみました。
F1010010.jpg

後から取り外しが出来る様に、端子に半田付けはしていません。
F1010007.jpg

ただ缶と接触しそうなので、端子を少し寝かしてあげて
テーピングしています。
F1010005.jpg

缶の淵にもただテーピングをしただけです。
気持ち密閉されるかなっと思っただけです。
スピーカーの重みで結構密閉されていると思います。
F1010008.jpg

ケーブルの出し口です。充電式の電動ドリルが壊れているため、
ドリルの頭を一生懸命手で回してあけました(;o;)
開けた後は、ダイソーで購入したホットボンドで固定しました。
F1010009.jpg

音を裸のままの時と聞き比べてみても、これだけでも効果ありと思います。
密閉型って低音が出ないと聞いていたのですが、
私にとってはいい音のバランスだなぁと、ちょっと思っています。
でもそういうと次の進化の期待がなくなるので、
あと少しは低音が欲しいなぁと欲張っておきます。

実は、塩ビ管の45度のエルボーも購入しています。
これにどうスピーカーをくっつけるか考え中で、
くっつけ次第パイプを繋いでいく予定です。
F1010011.jpg

[ 2008/01/06 ] | スピーカー | CM(2) | TB(0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

ブログを初めて初の新年を迎えました。
さて今年の抱負ですが、まず年末に注文していたスピーカーが
昨日大晦日に届いたのでそれを塩ビ管のエンクロージャーに収める事をします。
とりあえず箱に収めず、そのまま繋いで聞いています。

後アンプを1品作りたいです。
とりあえず自分で設計などは出来ないので、人まねで作成します。

どのようなアンプを作るかは、作った後に報告しますので楽しみにしてください。
ただ、真空管アンプではなくてトランジスタアンプになりそうです。

その他、少しづつ色んな事を書きためていきますので、どうぞ温かい目で
今年も見守ってください。
[ 2008/01/01 ] | 新年挨拶 | CM(2) | TB(0)
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。