ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

vq1005のピント調整など

久しぶりに、vq1005を使おうと思い、去る4月24日にいろいろいじくって見ました。
とりあえず、ピント調整。
近距離側で40cmぐらい、遠距離側で1mぐらいに調整してみました。

これが40cmぐらい
IMG_0014_20110430171820.jpg

で、これが1mぐらい
IMG_0009.jpg

ちなみに、中の電気二重層キャパシタのあたりに、
OSコンを追加すると電池のもちがよくならないかと
変な欲情が芽生え、半田づけを行ないました。

やってしまいましたorz
起動しません(涙)

OSコンとっぱらっても
起動しません(涙)

やむなく電気二重層キャパシタの電圧をしらべると、
0V。。。

導通確認すると
0Ω。。。

逝ってしまってます。。。

しょうがないので、電気二重層キャパシタごと撤去!!

起動しました。
しかも、

今迄ニッケル水素充電池を使うと満充電でも電池マークが
1個しかなかったのが、満タンではないですかっ!

その後今日まで同じ充電池を入れているのですが、
まだ使用できています。
その間あまり使ってはいなかったのですが、
今までだと、もう使えなくなっている状態でした。

たぶん電池を食っていたのは、電気二重層キャパシタだったんだと思います。
ちなみに、この電気二重層キャパシタが付いている所は
基盤のシャッターボタンスイッチの横側です。
ボタン電池のようなアレです。

だめもとで、勇気のある方はお約束の
自己責任でチャレンジしてみて下さい。
スポンサーサイト
[ 2011/04/30 ] | 修理と改造 | CM(2) | TB(0)

ニッケル水素充電池ノ復旧

おうちに眠っていたニッケル水素充電池を見付けました。
電圧を測ると0Vを表示しました。
まずは試しに単三用の充電器にセットしてみました。

充電のランプは点滅しませんでした。
いろいろサイトを検索すると、ニッカド電池は高い電圧を
短時間かけると復活することがあるというのを発見!!

ためしました。
16Vをバチッ!と火花が散りましたが、瞬間だけかけてみました。
電圧を確認すると1.2なんたらVになってました。
これはいけるぞ!と思い早速充電してみました。

ランプが点滅して、充電開始!!
おっいけると思いきや2、3分でランプ消灯orz
あまりにも悔しいので充電器の充電電圧を確認すると、
4V近くありました。

今度こそいけると思い4Vに可変させ、2、3分電圧をかけた後に
充電器へセットしました。やりました。しっかり点滅して、
しばらくたってもランプは消えませんでした。
そのまま放置すると、充電完了のランプが点灯していました。

moblog_5e950c3e.jpg
可変式のレギュレータで4Vをかけている様子です。
念の為、電圧を監視しながらかけました。

結果、
ニッカド充電池の復活の要領でニッケル水素充電池も復活する
かもしれない。ということが解りました。

0Vになって捨てようと思っているニッケル水素電池があって、
多少の危険をかえりみない勇気がある方は自己責任にて
お試し下さいm(__)m
[ 2011/04/08 ] | 電子工作 | CM(2) | TB(0)
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。