ザ☆マニアックス

~マニアックだろうと思い込んでいる趣味について~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

kana-SDK改造しました

購入した当日に分解改造しちゃいました(^^;
改造といってもコンデンサを追加しただけなんですけど、
改造前の感想はやはりノイズがひどい、音飛びがひどい。
特に曲間のノイズには驚かされるぐらい酷い音でした。

下の写真2枚が検証中の写真です。
PAP_0000.jpg

PAP_0001.jpg

写真で見て分かるようにSDカードコネクタがついている面に
6.3Vのコンデンサを6個取り付けました。
メインのLSIがついている側にフィルムコンデンサを2個付けました。
コンデンサ容量は基本的に元からついているコンデンサの容量分を
パラに接続しました。具体的にいうと476の表示のとこには47uF、
226の表示のとこには22uF、106の表示のとこには10uF、
で、ICの電源側には47uFが余っていたので付けました。
裏のLSI側のフィルムコンデンサは0.01uFです。
フィルムコンデンサの取り付け位置はコイルの下のコンデンサの
右側がグランドになっていますのでそこにフィルムコンデンサの足を
2本付けました。反対側はコイルの左側へ1本づつ取り付けています。

この時起動しませんでした...
コンデンサを1個づつ取り外して調べました。

容量の違うコンデンサはなにか怪しい香りがするので、
そこからチェックしました。
最初に22uFをはずしました。

電池を入れて電源オン!!
...
起動しません(T_T)

次に10uFをはずしました。

電池を入れて電源オン!!
...
起動しました!!
先ほどはずした22uFのコンデンサを付けなおしても
きちんと動作します。

ただ、キチンと収まりません。
フィルムコンデンサがひっかかって基盤すら納まりません。
最終的にフィルムコンデンサの位置を移動しました。
下の写真が変更後です。

PAP_0002.jpg

結局、本体ケース裏のボタンのところに当たって邪魔になっていたので
多少削ったりして加工しました。

まぁ、なんやかんやと丸く収まり、視聴してみたのですが、
おおっノイズ激減じゃないですか!!
といっても全て消えている訳ではないのですが、
夜の静かな時に聞いてこれぐらいのノイズだったらいいかなと思い、
昼間雑音の多い中では全く気になりませんので、
実用上問題ないと思います。

しかし、この音とびはどうにかならないか。
という位音飛びのみ残っていました。

WINDOWSきにmp3ファイルをコピーして聞いても
音飛びは全くありませんでした。
もうこれは機械事体の問題かと思っていました。

しばらく我慢して聴いていたのですが、
ふとSDカードを一旦初期化したらどうだろうと思い、
フォーマットし直してみました。
すると何ごともなかったかのように再生するではないですか!!

結局、携帯で使用していたSDカードをファイル消しただけで
いいと思って使っていたのが裏目に出ただけでした(^^;
でも、音楽データはいってるのimacだもん
フォーマットもめんどくさいよー。

つづく
[ 2008/10/14 ] | 修理と改造 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osamou.blog23.fc2.com/tb.php/119-f02a277a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

おさもう

Author:おさもう
出身&住まい
沖縄在住

趣味などに関する事を書いていきます。

カウンター

ブログランキング

これは素晴らしいと思った方はクリックしてください。


そうでない人もクルックしてね。

amazon検索

ブログ内検索

裏ブログの入口
青空文庫

手作りアンプの会HP

集まれ塩ビ管スピーカー

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。